漢方ソムリエの温故知煎

2016.11.21

ヨモギの効能

お灸

漢方薬と並んでよく用いられる中医学療法に、鍼やお灸があります。
お灸とは、もぐさ(乾燥させたヨモギの葉の裏側にある綿毛を集めて作られたもの)を「経穴」(いわゆるツボ)といわれる「気」の集まりやすい場所に置き、線香などで火をつけ、もぐさが燃焼して生まれる熱が経穴から身体に伝わる温熱効果により血行を促進させ、気の流れを改善し、様々な不調を解消するというものです。

なぜヨモギがよいのでしょう?

ヨモギの葉には、シネオールという精油成分が含まれており、シネオールには血中の白血球を増やして免疫力を高めたり、炎症や痛みを和らげる効果があるといわれています。 お灸には、皮膚を通じてシネオールを取り込むことによる効能も期待できるわけです。

ヨモギの葉には、昔から自然治癒力や免疫力を高める働きがあるといわれており、食したり、お風呂に入れるなど、病気予防や健康増進のために用いられてきました。
また漢方では、"病を艾(止める)"という意味から「艾葉」(ガイヨウ)と呼ばれ、「気」や「血」の通り道を温め、血の巡りを改善したり、腹痛、女性の不正出血、生理不順、生理痛、月経過多、痔出血、皮下出血、下痢の生薬としても使われます。
先人たちの知恵はあなどれませんね。



2016.11.17

青魚とアレルギー

青魚

秋です。秋刀魚(さんま)がおいしい季節です。
秋刀魚やサバなどの青魚は、食べたら体中にじんましんのようなものがたくさんできた経験のある方いらっしゃるのではないでしょうか。
純粋なお魚に含まれるアレルゲンのひとつに「パルブアルブミン」というたんぱく質があります。パルブアルブミンは頭の方に多く含まれ、尻尾の方では少なくなっているそうです。以前食べたときにじんましんが出たために、食べられずにいる方は、おそるおそる尻尾からお試しされるのもよいかと思います。
青魚を食べることは推奨されていますので、アレルギー科の病院で診てもらうのもよいでしょう。
さて、湿疹やアレルギーといえば、ファーストチョイスの漢方薬があります。
それは、十味敗毒湯という漢方薬です。
特に、膨疹の頂上に黄色い膿を持っているような症状によいといわれていますが、実は膿を持っていないような慢性湿疹やじんましんにも使われます。皮膚科領域のみならず、乳腺炎や水虫、中耳炎などにも幅広く使われます。体形としては、中肉中背の方に合っています。
ご相談はNet OLiVEで。



2016.11.8

最強の冷え症向けの漢方薬

枯れ葉

日に日に寒さが増してきて、落ち葉が風に舞う季節になりましたね。
でも、冬が近づくにつれ、厚手の靴下を履いていても足が冷たい!、いつも足が氷のように冷たい!…など、足の冷えに悩み始める方は非常に多いです。
中でも、冷えがとても強く、手足にしもやけができる方もいます。
そのような方は、脈が弱く、とりわけ下半身の冷えを強く感じるという特徴があります。
昨年の冬にもおすすめしましたが、やはり薬剤師がぜひともおすすめしたい漢方薬は、「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」です。トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウと読みます。
これは末梢の循環を改善し、温める漢方薬です。
「四逆」の「四」とは四肢、「逆」は「逆例」のことで、体の末端から冷えが上がっていくことを意味しています。
飲み始めると下半身からだんだんと温まり、飲み続けているうちに徐々にしもやけも改善してきます。
脈が弱い方と書きましたのは、末梢の血の巡りがよくないので、脈が触れにくく弱いということなんですね。ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。



2016.11.1

肌や髪を潤す漢方薬

潤いのある髪の女性

じめじめした夏が終わり、乾燥の季節になりました。
今回はアトピーやお肌の乾燥に効果のある四物湯(しもつとう)をご紹介します。
四物湯はその名の通り、4つの生薬で構成されています。
・当帰⇒血を補う補血作用、血の巡りを良くする効果
・川キュウ⇒補血作用、血の巡りを良くする効果
・芍薬⇒血の巡りを良くする効果、鎮痛作用
・地黄⇒補血作用、血の巡りを良くする効果
お察しの通り、すべて、血を補い、めぐりをよくしてくれる効果なのです。
血と肌は密接に関係しています。血のあまりが皮膚や髪なのです。ですから、血が足りないと、皮膚や髪にしわ寄せがくるわけです。
血を補い、血をめぐらす四物湯で、血が補われ、めぐりが改善し、そしてお肌うるうるの髪の毛ツヤツヤになるわけです。
とくに、カサカサタイプのアトピー性皮膚炎の方にはもってこいの漢方薬です。
ただし、アトピーの治療は生活習慣が第一。食事や間食、生活習慣の改善をせずに、漢方治療をするのはなかなか改善には結びつかないかもしれません。それから、ステロイド外用薬を塗っているような場合は、赤みが一時的に増す場合も・・。
四物湯は、胃が弱い方には不向きです。地黄が胃に負担をかけるからです。



   

   <<Back          ---    Next>>  

Net OLiVEオリーブ薬局ネット支店


ご相談やお問合せは
こちらからクリック
随時受け付けております


送料

QRコード
QRコードを読み取ると携帯サイトが閲覧できます

Facebook
instagram