漢方ソムリエの温故知煎

2019.1.11

インフルエンザと漢方薬

インフルエンザウイルス

1月に入り、インフルエンザ患者さんが急激に増え始めました。
インフルエンザの治療には、タミフルをはじめ、種々の抗ウイルス薬が用いられます。ただ、これらの抗ウイルス薬には耐性や副作用などの問題も議論されたりで乱用もできません。
そこで最近では漢方薬も見直されるようになり、とりわけ麻黄湯は早期のインフルエンザや風邪によく用いられます。
この麻黄湯、葛根湯よりも強い漢方なので、体力のない方や高齢者に使うことはあまりありません。
"汗の出ていない人"というのが原則で、体力のない人や汗ばんでいる人に用いると、汗が過剰に出て体力を消耗してしまいます。
子どもの風邪や体力のある方の高熱で汗の出ないタイプには、1,2回の服用で熱が下がることが多く、丈夫な子どもさんや若い方にはピッタリの漢方ともいえます。
麻黄を含む漢方薬は、身体を温め、体温を上昇させる作用があります。体温を上げて、ウイルスの増殖を抑える働きがあるんですね。 発熱がウイルスに対する重要な生体防衛反応であることは、実験などでも確認されています。
麻黄湯は、生薬の「麻黄」と「桂皮」で体を温め、汗をたくさん出させることによって熱を下げ、風邪症状を改善していきます。この「麻黄」と「桂皮」には、激しい炎症を引き起こすサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)の産生を抑える効果も確認されています。また、「杏仁」と「甘草」には免疫賦活作用(免疫力を活発にする)があるという報告もあります。
大阪市立大学の小児科の臨床試験では、風邪やインフルエンザ受診した子ども263人について、「解熱剤を使った102人」と「解熱剤を使わずに漢方薬で治療した161人」とに分け、37.5度以上の発熱期間を比較した結果、前者は一時的に薬が効いて下がることはあっても、37.5度以下で安定するには平均3.47日かかったそうです。
一方で、解熱剤を使わずに漢方薬で治療した子どもの発熱期間は、平均1.99日であったということです。
漢方によって熱を下げた時は、解熱剤で熱を下げた時と違い、気持ちのいいものです。上手に治療すれば、風邪の治りはとても早いのです。

※麻黄湯を用いた後、全く症状の改善が見られない場合には別のお薬を考えなければなりません。



Net OLiVEオリーブ薬局ネット支店


ご相談やお問合せは
無料ですマウス
森から返信させていただきます

LINEからも直接森にご相談いただけます
友だち追加


送料

QRコード
QRコードを読み取ると
携帯サイトが閲覧できます



Facebook
instagram