漢方ソムリエの温故知煎

2019.4.26

寒タイプの便秘

寒タイプの人

【寒タイプ】(身体を温める機能が低下している)
こんな方にぴったりです
・生ものや、冷たいものが好き
・手足やお腹が冷えている、寒がり
・尿量が多かったり、トイレが近い
・舌には白い苔がついている
・冷たい水や牛乳・果物・生野菜・ビール・ジュースなどで消化器が冷え、腸の働きが低下している
<漢方薬>
便秘と下痢を繰り返すような人には「桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)」がおすすめです。また「人参湯(ニンジントウ)」は身体を温め、胃腸の機能をよくする働きがあります。


2019.4.25

血虚タイプの便秘

血虚の人

【血虚タイプ】(血液や水分不足のため、腸を潤せない)
こんな方にぴったりです
・顔色や髪にツヤがない、爪が割れやすい
・便はコロコロと乾燥している
・めまいや立ちくらみなどをよくしやすい
・生理後や出産後である

<漢方薬>
腸を潤す「潤腸湯」(ジュンチョウトウ)や「麻子仁丸」(マシニンガン)などは、コロコロの便が出るような習慣性の便秘や高齢者、手術後の方にもおすすめです。


2019.4.19

気虚タイプの便秘

疲れやすい人

【気虚タイプ】(便は乾燥せず、栄養・体力不足が原因)
こんな方にぴったりです
・顔色や舌の色が白っぽい
・疲れやすかったり、体力があまりない
・排便しても、なんだかすっきりしないことが多い
・無理なダイエットをした、もしくはダイエット中

<漢方薬>
子どもの体質改善や、妊娠中でも使用できるのは、下剤成分が入っていない「小建中湯(ショウケンチュウトウ)」が適します。
消化機能を促進し、胃腸を丈夫にする「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」も気虚タイプには向いています。
また、「通導散(ツウドウサン)」は血の廻りを良くしたり、宿便をとったり、不安やイライラを抑えて気分を落ち着かせる作用もあります。



2019.4.18

気滞タイプの便秘

神経質な人

【気滞タイプ】(ストレスなどで気が張っていたり、滞っている)
こんな方にぴったりです
・些細なことでくよくよしたり、環境の変化に弱い
・旅行中など、気を張ったり神経を使うと出にくくなる
・生理前に体調が悪くなることが多い
・胸脇が張ったような感覚がある
・ゲップやオナラが出やすい

<漢方薬>
精神的なストレスを受けやすい人には、気のめぐりを良くする柴胡(さいこ)という生薬が入った「大柴胡湯」(ダイサイコトウ)やホルモンの分泌をよくする「加味逍遥散(カミショウヨウサン)」が適します。



2019.4.16

熱タイプの便秘

とうがらし

便秘の漢方を「証」のタイプ別にご紹介します。
【熱タイプ】(腸内の老廃物が、熱と結合して起こる)
こんな方にぴったりです
・味の濃いもの、辛いものが好き
・口が渇きやすく、よく水を飲みたがる
・便はコロコロと乾燥していたり、尿は濃い黄色
・舌の色が赤かったり、黄色い苔がついている
・やたらにノドが乾く。腸の熱の為に便の水分が蒸発して硬くなり、 出にくくなる

<漢方薬>
・抗炎症作用があり、溜まった熱を発散させる「大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)」
・血液の滞りを良くする桃仁(とうにん、桃の種子)が入った「桃核承気湯」(トウカクジョウキトウ)
・消化管の通りを良くし、気分もスーっとさせる「大承気湯」(ダイジョウキトウ)

※当店の商品ラインナップにない漢方薬は、サイドバーの「ご相談やお問合せ」からお問い合わせいただけましたら、お作りさせていただけるものも多いです。お気軽にご質問ください。



2019.4.9

便秘の種類

気・血・水

今日から便秘の漢方を日替わりでご紹介したいと思います。
まず便秘とは、排便が数日以上に渡ってなくなった状態をいいます。便が硬いこと、あるいは不完全な排泄感を意味することもあります。大腸の運動は低下することで便が停滞し、水分がどんどん吸収されていくので、便はカチコチに硬くなってしまいます。
大腸運動の機能異常による機能性便秘は以下の3種類に分けられます。
1.弛緩性便秘:大腸全体の動きが悪くなり、大腸運動性の低下による腸内容物の停滞が生じ、特に下行結腸と直腸でのうっ滞が強く見られる。高齢者や慢性の便秘者に多い。
2.痙攣性便秘:腸管の過緊張(ストレス、副交感神経の過緊張)により結腸が痙攣して狭くなり、便の直腸までの移動に時間を要し、便秘となる。過敏性腸症候群の一種で若年層に多い。
3.習慣性便秘:排便の習慣が乱れ、S字結腸から直腸に便が移動しても直腸の収縮が生じず、便意が起こりにくくなる。直腸および肛門疾患の患者に多い。

漢方では「証」(しょう)のタイプによって分類し、体質にあったものを用います。



2019.4.4

便秘の薬

便秘の人

便秘には、体力のある人の便秘、体力のない人や内臓の弱い人の便秘、瘀血(血の巡りが滞っている)人の便秘、気の巡りが滞っている人の便秘、水分の不足している人の乾燥性の便秘などがあり、原因は様々です。
市販薬の多くのお薬は、刺激性下剤といったような主に体力のある人向けのものがほとんどです。また、浣腸薬は最も強力な下剤ですが、反面、最も癖になりやすく、連用するとそれ無しでは排便が困難になることも多いため、かえって便秘が深刻になるケースもあります。
漢方では、それぞれの原因に合ったものが揃っています。ネットオリーブにご相談くださいね。



2019.3.4

貧血の漢方薬

貧血の女性

女性の10人にひとり、また月経のある方でいえば5人にひとりが貧血といわれています。
貧血といえば、朝礼で倒れたり、ちょっと顔が青白いといった軽いイメージかと思われがちですが、実はとても 深刻な病気です。貧血と侮るなかれ。
血液というのは、体の隅々まで栄養素を運びます。何十兆個もある体中の細胞それぞれの仕事を円滑に行 うための栄養を行き届かせるため働きがあります。 貧血というのはそれが足らなくなる、つまり、細胞が栄養不足を起こすんですね。
体の調子が悪い、体がだるいだけでなく、イライラしたり、気分が落ち込むなどといった感情面にまで悪影響 を及ぼすのが貧血です。
また、心臓というのは健気なもので、貧血で酸素が体に行き渡っていないことがわかると一生懸命働こうとす るんですね。懸命に働こうとするので、オーバーヒートを起こし、心臓病になってしまったりもするんです。 こんな恐ろしくもある貧血は、漢方で改善したいものです。
貧血症状と併せ、疲れて元気ややる気が出ない、といったような症状をお持ちの方におすすめなのが「十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)」。これは血を作る生薬に加えて、やる気を出させたり、元気いっぱいにする人参という生薬が配合されています。
ただ、まれに生薬のジオウやセンキュウによって胃が荒れやすくなる方がいらっしゃいますので、胃の弱い 方には「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」という漢方薬がおすすめです。 迷われましたら、お気軽にご相談ください。



2019.3.1

うるうる肌ツヤツヤ髪の漢方薬

髪ツヤツヤの女性

春ですね。新生活が待っている方も多いのではないでしょうか。
新ししい学校、新しい職場、新しい出会いが多くなる季節です。見た目の第一印象って大事ですよね。 今日は、新生活に備え、漢方薬を用いて、見た目の好感度を高める方法をお話ししたいと思います。
美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、9割の人が「肌」と回答したそうです。それだけ肌って、大事なんですね。
ところで、漢方的な考え方で言うと、肌というのは「血」の余りと、考えます。したがって、血が足りていない、つまり貧血気味の場合は、肌にまで、栄養が回ってこないということになります。肌だけではなく、髪も血の余りと考えます。それだけ、血、血液は大事なのです。
血を補い、全身にめぐらせ、皮膚や髪を健やかにする、そんな漢方薬があったらいいとおもいませんか?・・・あるんです。それは、「四物湯(シモツトウ)」という漢方薬です。
この漢方薬は血を増やし、血液をめぐらし、お肌に潤いを与え、そして髪にも張りとコシを与えます。ですから、この時期にはもってこいの漢方薬といえます。
ただし、このお薬には胃もたれしやすいという弱点があります。そういう方にはこちらの当帰芍薬散をお勧めいたします。こちらは胃を荒らす原因の生薬ジオウが配合されていないので、胃が荒れにくくなっています。また、むくみをとるという嬉しい効果も期待できます。
漢方薬を活用し、好感度を高めて、新生活に備えましょう。



   

   <<Back          ---    Next>>  

Net OLiVEオリーブ薬局ネット支店


当サイトにない漢方薬でもお作りできることもございます。お気軽にご相談ください。
ご相談やお問合せは
無料ですマウス
森から返信させていただきます

LINEからも直接森にご相談いただけます
友だち追加


送料

youtubeへのリンク



Facebook
instagram
QRコード
QRコードを読み取ると
Net OLiVE携帯サイトが閲覧できます