ちょっと変わった漢方薬の使い方

葛根湯医者

葛根湯医者

「葛根湯医者」という落語がありまして、江戸時代のやぶ医者のお話です。

『葛根湯医者』
江戸時代というのは、医師免許というものは存在しなかった。
葛根湯ばかりを飲ませようとする『葛根湯医者』というものがいた。とにかく何でも葛根湯を飲ませたがる。
 「あんたはどこが調子悪いんだ?」
 「私は、頭が痛いんです。」
 「それは、間違いなく頭痛だな。葛根湯やるから。飲んでみな。はい次は?」
 「私は、お腹が痛みます。」
 「それは間違いなく腹痛だな、葛根湯やるから。飲んで皆。次の方は?」
 「私は、足が痛いんです、ここのところずっと。」
 「足痛だな、それは。葛根湯だな。しばらく飲んでみな。それで、次の人は?」
 「最近、目が調子悪くって。」
 「あぁ、そりゃ困ったもんだな。目が見えないと不自由するからなあ。
葛根湯だ。飲んでみな。で、あんたのお隣の若いのは?」
 「いや、兄貴の目の調子が悪いから付き添ってきたんだ。」
 「そうかそうか、ご苦労だったな。さぞ退屈だっただろう。お前さんも葛根湯、飲むかい?」
おあとがよろしいようで…

 何でもかんでも葛根湯を飲ますやぶ医者のはなし、これが葛根湯医者のお話しでした。

  これは笑い話ですが、「葛根湯」が効く病気は実はこんなに多いんです。
感冒、肺炎、麻疹、脳炎、髄膜炎、日本脳炎、リンパ節炎、扁桃腺炎、中耳炎、発熱、悪寒、頭痛、軽度の咳、咽頭痛、肩こり、四十肩、五十肩、高血圧症、寝違え、腰痛、関節リウマチ、 破傷風初期、小児ひきつけ、結膜炎、網膜症などの眼病、副鼻腔炎、鼻炎、気管支喘息、皮膚炎、湿疹、蕁麻疹、発赤、急性腸炎、 夜尿症
なるほど、頭痛、腹痛、足痛、眼病に効くのはわかります。
しかし、待ち人の退屈は?
葛根湯は脳血流を改善する効果がありますので、脳をシャキッとさせます。待ちくたびれて、疲れてボーっとしていた方にもぴったりだったというわけです。
葛根湯は、西洋の風邪薬と違い、眠気が出ませんし、集中力の保たれます。もちろん、風邪の初期には最適です!
ぜひ、一度、お試しください。

救急で使える漢方

救急

漢方は遅効性と言われます。1〜2か月飲まないと効果が出てこないとよく いわれます。
しかし、必ずしもそうとは限りません。今回は救急でも使える漢方をご紹介します。
1.回転性のめまいの時に ⇒五苓散 (30分〜1時間で解消)
2.尿管結石の痛み ⇒芍薬甘草 湯(5分〜10分で効果を実感)
3.片頭痛 ⇒呉茱萸湯(ごしゅゆとう) (30分〜1時間で効果を実感)
4.のどの痛み ⇒桔梗湯(うがいをす ると1分で効果を実感)
5.重症ののどの痛み ⇒小柴胡湯加桔梗石膏
6.しゃっくり ⇒呉茱萸湯(30分〜1時間 で効果実感)
7.乗り物酔い ⇒苓桂朮甘湯 (乗車30分前に飲んでおくと予防になる)
8.飛行機の離着陸の際の耳の変調 ⇒五苓散 (30分〜1時間で症状改善、もしくは予防になる)
ご相談はNet OLiVEへ。

Net OLiVEオリーブ薬局ネット支店


当サイトにない漢方薬でもお作りできることもございます。お気軽にご相談ください。
ご相談やお問合せは
無料ですマウス
森から返信させていただきます

LINEからも直接森にご相談いただけます
友だち追加


送料

youtubeへのリンク



Facebook
instagram
QRコード
QRコードを読み取ると
Net OLiVE携帯サイトが閲覧できます